So-net無料ブログ作成
検索選択

7月30日の世界の昔話 オオカミ退治


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 7月の世界昔話


7月30日の世界の昔話



オオカミ退治



オオカミ退治
フランスの昔話 → フランスの国情報


 むかしむかし、キツネがウナギをくわえてうちへかえってきますと、おかみさんと子どもたちがおなかをすかせてまっていました。
「ああ、きょうはごちそうだあ」
 子ギツネたちは大よろこびで、くしにさしたウナギが火の上でやけるのを見ていました。
 ところがこのとき、うちのまえをオオカミがとおりかかりました。
「おや? クンクンクン、いいにおいだな」
 おなかがペコペコのオオカミは、キツネの家へはいろうとしましたが、キツネは戸口をしっかりとしめているので、はいることができません。
「おいおい、キツネくん、あけてくれよ。いいはなしがあるんだ」
 キツネはその声をきいただけで、森の王さまだなとおもいました。
 らんぼうもののオオカミは、王さまというあだながついているのです。
 子ギツネたちはこわがって、ブルブルとふるえました。
「はやくあけてくれよ」
と、オオカミは戸をたたきます。
「だれだい?」
と、キツネがききかえしますと、
「おれだよ」
「おれって、だれだい?」
「なかまのものだよ」
「ほう、わたしはドロボウかなと、おもいましたよ」
「いや、ちがうよ。あけてくれ」
「だめです。きょうはお坊さんがうちにくる日です。お坊さんでないかたは、かえっていただきます」
「じゃあ、いますぐお坊さんになるよ」
「では、お坊さんになるしょうこを見せてください。それにはまず、あたまのけをそらないといけませんよ」
 オオカミはしばらくかんがえて、いいました。
「それもそうだな。じゃあ、ちょっとあたまをそってくれないか?」
「では、戸口にあながあいているので、そこにあたまをつけてみてください。わたしがあたまをそってあげたら、はいってもいいですよ」
「それでは、そうしよう」
と、オオカミは戸口のあなに、あたまをおしつけました。
(よし、いまだ!)
 キツネは、にえたぎっているおゆを、ザーッとオオカミのあたまにかけました。
「うわーっ、あつい、あつい!」
 オオカミはなきべそをかきながら、いのちからがらにげていきました。
「子どもたちよ。オオカミ退治はこうするんだよ」
 キツネがそういいながら子どもたちのほうを見ると、子どもたちはまんぞくそうに、おなかをさすっています。
 お父さんがオオカミ退治をしているあいだに、子どもたちはごちそうのウナギをぜんぶたべてしまったのでした。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日プロレス記念日
きょうの誕生花 → にちにちそう
きょうの誕生日1928年 荒井注(俳優)


きょうの新作昔話 → 弥三郎(やさぶろう)ばばあ
きょうの日本昔話 → 鏡の中の親父
きょうの世界昔話 → オオカミ退治
きょうの日本民話 → 吹雪と女幽霊
きょうのイソップ童話ライオンとイノシシ
きょうの江戸小話 → かいだんのおりかた


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。