So-net無料ブログ作成
検索選択

7月28日の世界の昔話 人魚のしかえし


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 7月の世界昔話


7月28日の世界の昔話



人魚のしかえし



人魚のしかえし
デンマークの昔話 → デンマークの国情報


 むかしむかし、北のつめたい海に、一人のうつくしい人魚(にんぎょ)がすんでいました。
 この人魚は五頭のウシを飼っていて、とてもだいじにしていました。
 人魚は毎日、ウシを近くの島までつれていっては、おなかがいっぱいになるまで草を食べさせてやりました。
 ところでこの島には、ちょっといじわるな人間たちが住んでいました。
 その人たちは、
(この島の草は、人魚の飼っているウシになんか食わせてやりたくないな)
と、思っていましたから、ある時とうとう、人魚の飼っているウシをとってしまいました。
「わたしのウシをかえしてください!」
 人魚はないて、人間たちにたのみました。
「いやだね。かえすもんか。でも、おまえがこしにまいている帯(おび)をくれたら、ウシをかえしてやる」
「だけど、この帯は人魚だけしか使うことができないんです。人間が持っていても、少しも役に立たない帯ですよ」
「うそをつくな! その帯には宝石がたくさん付いているじゃないか。その宝石があったら、おれたちは大金持ちになれる。さあ、ウシをかえしてやるから帯をよこせ!」
 人魚はウシをとてもかわいがっていましたから、帯を人間たちに渡して、ウシをかえしてもらいました。
 でも、なんだかくやしくてたまりません。
 そこで島の海岸まできたところで、ウシに言いました。
「さあ、砂をほって、いじわるな人間たちにしかえしをしてやりなさい」
 ウシたちは砂をツノでつついたり、足でけったりしはじめました。
 砂が風でまいあがり、いじわるな人間たちの住んでいる村の方へ飛んでいきました。
 そして、人間たちの家をうめてしまいました。
 あわててにげだした人間たちは、
「ふん! こっちには宝石のいっぱいついた帯があるんだ。これがあれば、他の村で大きな城だってたてられるさ」
と、ニコニコ顔です。
 でも、人魚からとりあげた帯をよく見ると、宝石など1つもついていません。
 いつまのにかその帯は、ただのコンブにかわっていたのでした。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日第一次世界大戦開戦日
きょうの誕生花 → つゆくさ
きょうの誕生日1978年 矢井田瞳(シンガー)


きょうの新作昔話 → ひょうたんの大入道
きょうの日本昔話 → うば捨て山
きょうの世界昔話 → 人魚のしかえし
きょうの日本民話 → 万蔵とウマ
きょうのイソップ童話からいばり
きょうの江戸小話 → とこを取れ


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。