So-net無料ブログ作成

7月27日の世界の昔話 四色のさかな


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 7月の世界昔話


7月27日の世界の昔話



四色のさかな



四色のさかな

アラビアンナイト千夜一夜物語


 むかしむかし、一人のおじいさんが、海へさかなを取りに行きました。
 でもその日は、何度海へ網を投げて引きあげてみても、ちっともさかなが取れません。
 けれど最後にやっと、重いものが網にかかりました。
「よしよし、きっと大きなさかなが入ったのだろう」
 おじいさんが大喜びで引きあげてみると、なんとそれは銅のつぼでした。
「やれやれ、ただのつぼか。がっかりだな。・・・でも、中に何が入っているのだろう?」
 おじいさんは、つぼのふたを開けてみました。
 すると、つぼからモクモクと、たくさんの煙が立ちのぼりました。
 煙は空いっぱいに広がって、それから人の形になり、おじいさんのそばに立ちました。
 現れたのは、ツボの魔神です。
「ありがとう、おじいさん。わしは千年もの間、このつぼに入っていて、ずいぶんつらい思いをしてきた。いまやっと自由になれて、こんなうれしい事はない。お礼にいい物をあげましょう」
 魔神はうれしそうにいって、おじいさんを湖につれて行きました。
 その湖に網を投げると、赤、白、青、黄と、四つの色のきれいなさかなが取れました。
「見たこともない、珍しいさかなだ!」
 おじいさんが四色のさかなを王さまにさしあげると、王さまはお返しに、たくさんお金をくれました。
 ところがこのさかなは、いくら気をつけて焼いても、すぐにまっ黒になってしまって食べられません。
「不思議なさかなだ。わしはきっと、このさかなの秘密をといてやるぞ」
 王さまはおじいさんに案内させて、さかなの取れた湖へ行きました。
 すると湖の向こうに、まっ黒なあやしいご殿がありました。
 王さまがずんずん城へ入って行くと、そこには立派な服を着た若者がベッドに腰かけていました。
「ごめんください。おじゃましてもいいですか?」
 王さまが声をかけると、若者はおじぎをしていいました。
「はい。立ってごあいさつしたいのですが、わたしにはできません。そのわけを、ごらんください」
 若者が長い服のすそをめくると、なんと若者の腰から下が、石になっているのでした。
「実はわたしは、この国の王でしたが、悪い魔女のために、からだの半分を石にかえられてしまったのです。この国を自分の思うままにするため、魔女は山にも町にも魔法をかけました。町の人たちは四色のさかなにかえられて、湖に住むようになりました。いまも魔女は、この御殿の奥に住んでいて、毎日、わたしをぶちに来て苦しめているのです」
 この話を聞いた王さまは、どうしてもこの若者や四色のさかなにされている町の人たちを、助けなければと思いました。
「よろしい。わたしがきっと、その悪い魔女を退治してあげましょう」
 王さまは勇ましく、御殿の奥に入って行きました。
 そして魔女と戦って、ついに魔女をやっつけたのです。
 魔女がいなくなると、若者のからだは元通りになり、湖はにぎやかな町になりました。
 赤、白、青、黄のさかなは、人間にもどって動きだしました。
 王さまは、助けた若者を自分の王子にしました。
 そして、四色のさかなを取ってきたおじいさんに、
「お前のおかげで、大勢の人たちを助けることができた」
と、いって、たくさんのごほうびをやったということです。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日 → スイカの日
きょうの誕生花 → フィソステギア
きょうの誕生日 → 1930年 高島忠夫(俳優)




きょうの日本昔話 → 犬が寒がらない理由
きょうの世界昔話 → 四色のさかな
きょうの日本民話 → オオカミの恩返し
きょうのイソップ童話 → 金のライオンを見つけた男
きょうの江戸小話 → カニのふんどし


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。