So-net無料ブログ作成
検索選択

7月23日の世界の昔話 ガチョウ番の少女


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 7月の世界昔話


7月23日の世界の昔話



ガチョウ番の少女



ガチョウ番の少女
グリム童話 → グリム童話の詳細


 むかしむかし、あるところに、年おいた妃(きさき)とお姫さまが住んでいました。
 お姫さまが、ある国へお嫁にいく日がやってきました。
 妃はたくさんの嫁入り道具を持たせると、お姫さまの侍女(じじょ)もウマに乗せて送りだしました。
 その時、妃は自分の血を三滴(てき)たらした白い布を渡し、
「きっと、何かの役に立つでしょう」
と、いいました。
 移動の途中、お姫さまはのどがかわいて侍女にたのみました。
「あの、のどがかわいたので、川の水をくんできてくれませんか?」
 すると侍女は、
「ふん! えらそうに。自分でくんできなさいよ!」
と、いって、いうことを聞いてくれません。
 お姫さまがなげいていると、妃にもらった三滴の血がいいました。
「これをお妃さまが知ったら、心臓がはれつなさいますよ。さあ、もういちど侍女に命令するのです」
「でも・・・」
 おとなしいお姫さまは、なにも言えませんでした。
 しばらくすると、侍女がお姫さまにいいました。
「あんた、あたしとウマをかえなさい! いいウマに乗るのはあたしよ。それから、服も取りかえるのよ!」
と、いったのです。
 お姫さまはしかたなくウマと服を取りかえると、侍女のウマに乗ったままで、結婚相手の王の待つ城へととうちゃくしました。
 お姫さまのウマにのった侍女は、王さまの前に進み出るといいました。
「こんにちは、王さま。わたしが、王子さまの結婚相手の姫です。そしてあれはわたしの侍女です。役立たずですが、こき使ってやってください」
 侍女の言葉に、お姫さまはビックリ。
「あ、あの。わたしは・・・」
 お姫さまが本当のことを言おうとすると、お姫さまに化けた侍女がこわい顔でにらみました。
「はやく下がりなさい! クズクズすると、ムチを打つわよ!」
 こうしてこの日から、お姫さまはガチョウの世話をする、ガチョウ番になってしまったのです。
 さて、お姫さまに化けた侍女は、すっかりお姫さま気取りで、結婚相手の王子にたのみました。
「わたしの連れてきたウマを殺してくださいな」
 侍女は自分の秘密を知っているウマが、いつ本当のことを告げてしまうかと、心配でならなかったのです。
 こうして、お姫さまのウマは殺されました。
 ガチョウ番になったお姫さまは、この話を聞くとたいへんかなしみ、ウマの皮をはごうとする職人にたのんで、その首をもらうと、門の壁にかざりました。
 それからガチョウ番のお姫さまは、ガチョウの世話をするたびに、そのウマの首に話しかけたのです。
 その事を知ったまわりの人たちは、気持ち悪がって、この話を王さまに報告しました。
「そのガチョウ番ときたら、ウマの首と会話してるのです。しかも、ウマの首もそれに返事をするのですよ」
「そうか。もしかするとそのガチョウ番は、魔女(まじょ)かもしれない。よし、たしかめてみよう」
 そして娘とウマの会話をきいた王さまは、彼女こそが本当のお姫さまで、王子と結婚しようとしている女が侍女だと知ったのです。
 王はガチョウ番の娘をよぶと、彼女に王女の衣装(いしょう)をきせてみました。
 すると、あの侍女とは比べものにならないほどの美しさです。
 さっそく王さまは王子をよんで、こっちが本物のお姫さまだと告げました。
 本物のお姫さまの美しさに一目ぼれした王子は、ニセ者のお姫さまにワナをしかけることにしました。
 その日の夜のパーティーで、王子はニセ者のお姫さまにたずねました。
「じつは、自分の主人をだまして、その主人の相手と結婚しようとする女がいるのだが、姫はどうするべきだと思う?」
 まさか、自分の事とは思っていないニセ者のお姫さまは、
「そんなとんでもない女は、すぐに死刑にするべきでしょう」
と、答えたのです。
「そうか、ではそうしよう」
 ニセ者のお姫さまは、すぐに死刑になりました。
 そして本物のお姫さまは王子さまと結婚して、いつまでもしあわせにくらしたのです。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日米騒動の日
きょうの誕生花 → ジンジャー
きょうの誕生日1787年 二宮金次郎


きょうの新作昔話 → 平太郎屋敷の化け物
きょうの日本昔話 → なぞなぞ絵てがみ
きょうの世界昔話 → ガチョウ番の少女
きょうの日本民話 → 竜女おすわ
きょうのイソップ童話 → 太陽とカエル
きょうの江戸小話 → ウマのしりにおふだ


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。