So-net無料ブログ作成

7月20日の世界の昔話 勇気ある男


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 7月の世界昔話


7月20日の世界の昔話



勇気ある男



勇気ある男

ケニアの昔話ケニアの情報


 むかしむかし、ある大きな森のはずれに小さな村がありました。
 この村では小麦の取り入れが終わると、森の向こう側にある町まで小麦を粉にひいてもらいに出かけます。
 ですが、この森には恐ろしいヒョウが住んでいる為、これまでに何人もの村人が食べられていたのでした。


 さて、ある年の事、十二人の男たちが、それぞれに小麦の入った袋をかついで町へ出かけました。
 ヒョウに襲われない様にお互いに気をつけながら町へ行き、袋の小麦を粉にしてもらいました。
 そして十二人の男たちは、また粉の袋をかついで村へ戻っていきました。
 無事に森をくぐり抜けた時、先頭の男が言いました。
「やれやれ、ここまで来ればもう大丈夫だ。よし、十二人ちゃんといるか数えてみよう。一人、二人、三人、四人、・・・十人、十一人」
 先頭の男が一人一人数えてみると、なんと十一人しかいません。
「しまった! 一人足りないぞ」
「そんなはずはない」
 別の男も数えてみましたが、やっぱり十一人です。
 それと言うのも、実は二人とも、自分を数えるのを忘れていたからです。
 これではいくら数えても、一人足りないはずです。
 ですが、誰もその事に気付きません。
「どうしよう? きっと、誰か道に迷って、ヒョウに食われてしまったんだ」
 三番目の男が言いました。
「だから、ちゃんとみんな一緒に行こうと言ったのに」
 四番目の男が言いました。
「そうだよ。追いつくまで待ってあげれば、よかったのに」
 五番目の男が言いました。
「それにしても、おそろしく大きなヒョウだったよ」
 六番目の男が、前に一度だけ見たヒョウの事を思い出して言いました。
「そうさ。それに、すごいキバを持っていた」
 七番目の男が言いました。
「でも、あいつはすごいなあ。武器も持たないで、ヒョウと闘ったんだから」
 八番目の男が言いました。
「本当だ。たった一人で立ち向かっていったんだから、村一番の勇気ある男だよ」
 九番目の男が言いました。
「でも、いくら勇気のある男でも、ヒョウに食われてしまっては、どうにもならないよ」
 十番目の男が言いました。
「そうだな。それを奥さんに伝えるのはつらいなあ」
 十一番目の男が言いました。
「本当に、あいつは勇気があって、それに親切な男だった」
 十二番目の男が、しみじみと言いました。


 そして十二人の男たちは村に帰ると、涙を流しながら、いなくなった仲間の事を話しました。
 村人たちもびっくりして、大騒ぎになりました。
 するとその時、女の子が言いました。
「あら。でも小麦粉の袋は、ちゃんと十二個あるわよ」
 すると、村長さんが言いました。
「では、わしが人数を数えてやろう」
 村長さんは、十二人の男たちを一列に並べると、一人一人指をさして数えました。
「一人、二人、三人、四人、五人、六人、七人、八人、九人、十人、十一人、十二人。おおっ! いなくなった男が戻ってきたぞ」
 それを聞いて、みんなは口々に言いました。
「すごい! 一人でヒョウをやっつけてくるとは」
「そんな勇気のある男が、この村にいたなんて」
「村のほこりだ。お祝いをしよう」
 こうして村人たちはさっそくお祝いをして、この勇気ある男の話しを、いつまでも語り伝えたという事です。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日 → Tシャツの日
きょうの誕生花 → トルコギキョウ
きょうの誕生日 → 1976年 はなわ(芸人)




きょうの日本昔話 → かねのとりい
きょうの世界昔話 → 勇気ある男
きょうの日本民話 → みそ買い橋
きょうのイソップ童話 → お母さんのカニとこどものカニ
きょうの江戸小話 → サギの生けどり


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ピッグマン


舐められたりイジられたり、あんなに股間もてあそばれたの初めてDA!!

しかも目隠し&四つんばいで、後ろから手 コ キ攻めされる始末!!

オレのドM魂に火ぃ着いちまったじゃないかぁぁぁぁ!!!!( ;∀;)

http://rkc.proteinwater.info/majv-3p/
by ピッグマン (2010-07-20 21:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。