So-net無料ブログ作成
検索選択

7月18日の世界の昔話 愛の竪琴


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 7月の世界昔話


7月18日の世界の昔話



愛の竪琴



愛の竪琴

ギリシア神話ギリシアについて


 むかしむかし、ギリシアのオリンポスという山には、多くの神さまたちが住んでいました。
 その神さまたちの中に、オルフェウスと名前の、竪琴(たてごと)の上手な若い神さまがいました。
 オルフェウスの弾く竪琴の音色は神さまだけでなく、動物や植物や岩までもが、うっとりと聞きいるほど美しかったそうです。
 そのオルフェウスには、エウリュディケという可愛い奥さんがいました。


 ある日の事、二人は野原へ花をつみに出かけました。
「エウリュディケ、こっちに来てごらん。きれいな花が咲いているよ」
「まあ、どこにあるの?」
 エウリュディケが、オルフェウスの所へ駆け出そうとしたとたん、エウリュディケは足元にいた毒ヘビを、うっかり踏みつけてしまったのです。
 毒ヘビは体をくねらせると、エウリュディケの細い足首に噛みつきました。
「きゃあ!」
 エウリュディケはばったりと倒れて、そのまま動かなくなりました。
「エウリュディケ!」
 オルフェウスが駆け寄って抱き上げた時には、エウリュディケはもう死んでいたのです。
「ああ、何という事だ。エウリュディケ、エウリュディケ」
 オルフェウスは泣き叫びましたが、エウリュデイケは二度と生き返りませんでした。
 悲しみにくれたオルフェウスは、来る日も来る日も竪琴を弾きならして、悲しみの歌を歌い続けました。
 しかしいくら歌っても、愛するエウリュディケを忘れる事は出来ません。
 それどころか、悲しみは深くなるばかりです。
 そんなある日、オルフェウスは決心しました。
「そうだ、死の国に行ってみよう。エウリュディケに会えるのなら、あのやさしい声が聞けるなら、わたしはどんな恐ろしい目に会ってもいい」
 神さまたちの中で死んだ者をよみがえらす事が出来るのは、死の国のハーデス王だけです。
 オルフェウスは仲間の神さまたちに見送られて、死の国へと旅立ちました。
 オルフェウスが死の国への暗い道を何日も進むと、やがて死の国の門へとたどり着きました。
 門の前には、恐ろしい番犬が座っていました。
 その番犬は頭が三つもあって、髪の毛がヘビの化け物です。
「がぅぅ!」
 番犬は、ヘビの毛を逆立てて飛びかかってきました。
「何を、負けるものか!」
 オルフェウスは勇ましく立ち向かっていきましたが、番犬にたちまち組み伏せられてしまいました。
 そして番犬がオルフェウスの喉に噛みつこうとした時、手から滑り落ちた竪琴が風にゆられて、
♪ポロロン
と、鳴りました。
 すると番犬は、
「くーーん」
と、急に大人しくなったのです。
 オルフェウスの美しい竪琴の音色に、心が穏やかになったのです。


 オルフェウスが死の国の城の中へ入って行くと、城の主であるハーデス王が、驚いた顔で尋ねました。
「まだ死んでもいない者が、どうしてやって来たのだ?」
 するとオルフェウスは、竪琴をかなでながら、そのわけを説明しました。
「実は、死んだ妻にどうしても会いたくて、ここまでやってまいりました。ハーデス王、お願いです。どうか妻に会わせて下さい」
 普段なら、死んだ者を生きた者に会わせることなど決してしないのですが、オルフェウスの竪琴の音色を聞いて心が穏やかになったハーデス王は、ゆっくりうなづくとオルフェウスに言いました。
「わかった。エウリュディケを返してやろう」
「本当ですか! ありがとうございます!」
 間もなく暗闇から、エウリュディケが姿を現しました。
 可愛そうな事に、毒ヘビに噛まれた足を痛そうに引きずっています。
「ああ、エウリュディケ!」
 オルフェウスが駆け寄ろうとすると、ハーデス王が大声で止めました。
「待てっ! いいか、地上に戻るまで、エウリュディケの顔を決して見てはならん。この言いつけを守らなかったら、エウリュディケとは二度と会えなくなるからな。わかったな」
「はい、お言いつけは必ず守ります」
 オルフェウスは、ハーデス王に約束しました。
 二人はすぐに、地上に続く道を登り始めました。
 オルフェウスの心は、うれしさではちきれそうです。
(これでまた、エウリュディケと一緒に暮らせるのだ)
 道が険しくなってくると、オルフェウスは後からついて来るエウリュディケが心配でたまらなくなりました。
(ヘビに噛まれた足は、大丈夫だろうか?)
 やがて、地上の明かりが見えてきました。
(よし、もうすぐ地上だ)
 明るい光が満ちあふれる地上へ出たとたん、オルフェウスはエウリュディケの方に振り返って手を差し伸べました。
「エウリュディケ、さあ、つかまって」
 そのとたん、オルフェウスの顔が真っ青になりました。
 何と、エウリュディケの片足が、まだ死の国の暗闇の中にあったのです。
 まだ死の国にいたエウリュディケは、
「さようなら、オルフェウス。わたしを迎えに来てくれてありがとう」
と、悲しい声を残して、再び地の底に吸い込まれて行ったのです。
「ああ、エウリュディケ!」
 再び引き離された二人は、もう二度と会う事は出来ませんでした。
 その後、オルフェウスは竪琴を弾きながら野山をさまよい歩き、悲しみの歌を歌い続けたという事です。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日光化学スモッグの日
きょうの誕生花 → マリーゴールド
きょうの誕生日1980年 広末涼子(俳優)




きょうの日本昔話 → ふしぎな和尚さん
きょうの世界昔話 → 愛の竪琴
きょうの日本民話 → かぶと島
きょうのイソップ童話おじいさんと死に神
きょうの江戸小話 → あわてふろしき


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。