So-net無料ブログ作成
検索選択

7月17日の世界の昔話 ウサギのツノ


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 7月の世界昔話


7月17日の世界の昔話



ウサギのツノ



ウサギのツノ
ザンビアの昔話 → ザンビアの国情報


 むかしむかし、ゾウが宴会(えんかい)を開こうと思いつきました。
 そこでビールやごちそうの用意をすると、けものたちをよんでいいました。
「このビールは、ツノのあるものだけに飲ませてやる。ツノのないものはだめだ」
 けものたちはゾウをこわがっていましたから、みんなおとなしくいうことを聞きました。
 けれども、ウサギは自分にツノのないのがざんねんでなりません。
「おいしいビールだろうなあ。なんとかして、宴会にいく方法はないかな? そうだ、ツノを手に入れればいいんだ」
 ウサギはしげみにかくれて、若いシカがくるのをまちました。
 そしてシカがしげみのそばを通りすぎようとしたとき、シカの背中に飛びのったウサギは、すばやくシカのツノをきりとって、自分の頭にはりつけたのです。
 こうしてウサギは、大いばりでゾウの宴会にでかけていきました。
 ゾウはウサギを見ると、おどろいていいました。
「ウサギのツノが、一番りっぱじゃないか。たいしたものだ。さあさあ、えんりょなく飲め」
 ほかのけものたちも、口をそろえてウサギのツノをほめました。
 ウサギは、ビールをだれよりもたくさん飲みました。
 よっぱらって、フラフラになるほど飲みました。
 そこへとつぜん、年よりのシカがやってきました。
 ウサギは、シカにたずねました。
「おやおや、ずいぶんおそくおいでだね? おじいさんにはツノがないのかい?」
「わしは、おまえがどんな顔をして、ビールを飲んでいるか見物にきたのさ」
と、年よりのシカはこたえて、ウサギのそばにすわりました。
 そして、ウサギのほうにそっとからだをかがめて、ヒソヒソ声でいいました。
「はりつけたものは、はげてしまうぞ」
 お客のけものたちは、シカがウサギにどんなないしょ話をしたのか、知りたがりました。
 ウサギは笑って、こたえました。
「こんなじいさんのことなんか、気にしなくてもいいじゃありませんか。なにね、シカのじいさんはごちそうをたべすぎて、くだらんことをブツブツいってるんですよ」
 年よりのシカはそれを聞いて、こんどは大声でいいました。
「はりつけたものは、はげてしまうさ!」
 ゾウとお客たちは、ウサギのツノをジロジロながめました。
 ウサギはビックリして、ガタガタとふるえだしました。
 そのとたんに、はりつけたツノがはげて、地面に落ちてしまいました。
 ウサギはいちもくさんに、にげていきました。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日東京の日
きょうの誕生花 → ぎぼうし
きょうの誕生日鈴木葉月(タレント)




きょうの日本昔話 → 千両箱の昼寝
きょうの世界昔話 → ウサギのツノ
きょうの日本民話 → お化けじぞう
きょうのイソップ童話プロメテウスと人間
きょうの江戸小話 → はりうち


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。