So-net無料ブログ作成
検索選択

7月16日の世界の昔話 お茶のポット


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 7月の世界昔話


7月16日の世界の昔話



お茶のポット



お茶のポット
アンデルセン童話 → アンデルセン童話の詳細


♪音声配信


「こんにちわ。
 私はお茶のポットです。
 私は陶器(とうき)でできていますのよ。
 注ぎ口は細くて長くてすてきでしょう。
 いつでしたか、どなたかがバレリーナのうでのようと、ほめてくださいましたわ。
 とってのはばの広さはどう思いまして?
 何ともうしましても、陶器は私のように上品(じょうひん)で、しかもおしゃれでなくては。
 なにしろ私は、一流(いちりゅう)の職人(しょくにん)さんが、それはそれはていねいに作ってくださいましたのよ」
 お屋敷の台所で、お茶のポットはいつもじまんしていました。
 でも、聞かされるクリーム入れやさとう入れは、ほめるよりも、もっと別のことをよく言いました。
「ところで、ポットさんのフタはどうされました?」
 そのことを言われると、ポットはだまってしまいます。
 フタは前に一度こわされて、つぎはぎにされ、つぎ目があるのです。
「そうね。
 誰でも悪いところに目がいくものよね。
 でも何と言われても、私はテーブルの上の女王よ。
 だって、のどがかわいている人間を助けてあげることができるんですもの。
 この注ぎ口が女王のしょうこよ。
 クリーム入れもさとう入れも、言ってみればけらいじゃないの」
 そんな、ある日のこと。
 食事のときに誰かがポットを持ちあげたひょうしに、床に落としてしまったのです。
 ポットは床で音をたてて、コナゴナになってしまいました。
「それから私は、まずしい家の人にもらわれて行きましたの。
 そこで土をいれられ、球根(きゅうこん)をうめられましたわ。
 私はうれしく思いました。
 なぜって球根は、私のからだの中でグングンと元気に育ち、芽(め)を出したのです。
 そして、朝をむかえるたびに大きくなり、ある朝見事な花がさきましたの。
 花は娘のようなもの。
 まあ、お礼はもうしてくれませんでしたが、私は幸福でしたわ。
 家の人たちは花を見て、その美しさをほめてくれました。
 誰かを生かすために自分の命を使うって、うれしいことです。
 そのとき初めてそう思いました。
 でも、家の人たちは『こんなきれいな花は、もっとすてきなうえ木ばちにうえたほうがいいね』と、花をつれて行き、私を庭のすみにほうり投げましたの。
 でも、私をかわいそうなどと思わないでくださいね。
 ええ、私には思い出がたくさんあるのですから。
 これだけは、だれにもこわしたり、ほうり投げたりできませんのよ」


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日外国力士の日
きょうの誕生花 → はまひるがお
きょうの誕生日1943年 桂三枝(落語家)


きょうの新作昔話 → 百物語の代金
きょうの日本昔話 → おこぜと山の神
きょうの世界昔話 → お茶のポット
きょうの日本民話 → 逆立ち幽霊
きょうのイソップ童話 → まもり神
きょうの江戸小話 → せんこうそば


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。