So-net無料ブログ作成
検索選択

7月15日の世界の昔話 おばあさんの家


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 7月の世界昔話


7月15日の世界の昔話



おばあさんの家



おばあさんの家
ドイツの昔話 → ドイツの国情報


♪音声配信


 むかしむかし、海を見おろす丘の上の小さな家で、貧乏(びんぼう)なおばあさんが一人ぼっちで住んでいました。
 おばあさんはからだが悪くて、何年も寝たきりでした。
「暗くなってきたわ。日が暮れるのかしら?」
 おばあさんは、顔を海のほうへ向けました。
「おや? あの雲(くも)・・・」
 水平線の上に、黒い小さい雲が浮かんでいます。
「おじいさんが、よく雲の話をしてくれたけれど」
 なくなったおじいさんは船乗りで、大きい船に乗って、世界じゅうを回っていたのです。
 おばあさんは、ハッとしました。
「たいへん! あの雲はあらしの前ぶれ。きっと、もうすぐ恐ろしいあらしが大波をつれて押し寄せてくる。どうしよう? 町の人に早く知らせないと」
 おばあさんはなんとかして、少しでも早く町の人たちに知らせなければと思いました。
 すると、やせたからだに、ふしぎに力がわいてきました。
 おばあさんはベッドからずり落ちると、動かないからだを引きずって、まどの所まではっていきました。
「町の人たち! あらしがくるよ、早く逃げて!」
 おばあさんは、まどにつかまってさけびました。
 こぶしで力いっぱい、まどの戸をたたき続けました。
 でも、だれも気がついてくれません。
 そうしているうちにも、雲はまっ黒にふくれあがってきました。
 もうすぐ、山のような波がおしよせてくるでしょう。
 そして、町の人たちをひとのみに沖(おき)へさらっていくでしょう。
「ああ、どうしたらいいんだろう?」
 おばあさんは、自分のへやを見回しました。
「そうだわ! ベッドに火をつけましょう。この家が燃えれば、町の人たちはきっととんできてくれる」
 おばあさんは、まよいませんでした。
 ストーブの火をとってきて、ベッドのワラにつけました。
 ワラはたちまち、まっかな火をふき出しました。
「燃えておくれ! 赤く赤く燃えあがっておくれ! 町の人たちが、早く気がつくように」
 おばあさんは煙にまかれながら、やっとのことで家の外へはい出すと、そのまま気を失いました。
 ベッドの火はまどからふき出し、強くなってきた風にあおられて、メラメラと屋根に燃えうつりました。
「火事だ! 丘の上の家が燃えてるぞ!」
 町の人たちが気づいてさけびました。
「火事だ! 火事だ!」
「あの家には、病気のおばあさんが一人で寝ているんだ!」
「早く助けにいこう!」
 町の人たちは口ぐちにさけびながら、丘へ向かってかけ出しました。
 まっ先に丘ヘかけあがってきた人たちが、火の粉をかぶってたおれているおばあさんを安全な場所へうつしたとき、あたりが夜のようにまっ暗になりました。
 おそろしい風がうなり、山のような大波が姿をあらわしました。
 そして、町に住む最後の一人が丘の途中までかけあがったとき、まっ黒い大波が町をおそったのです。
 そのようすを、町の人はふるえながら見ていました。
「おばあさんが、わたしたちを助けてくれたんだ!」
「自分のベッドや、家まで焼いて」
「ありがとう。ありがとう」
 みんなの目に、うれし涙が光りました。
 おばあさんの目にも、同じ涙が光っていました。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日ファミコンの日
きょうの誕生花 → のうぜんかずら
きょうの誕生日1966年 永瀬正敏(俳優)




きょうの日本昔話 → そら豆の黒い筋
きょうの世界昔話 → おばあさんの家
きょうの日本民話 → かわり者「阿波のデコ忠」
きょうのイソップ童話川にフンをしたラクダ
きょうの江戸小話 → むりなねがい


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。