So-net無料ブログ作成

5月2日の世界の昔話 アリババと四十人の盗賊


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 5月の世界昔話


5月2日の世界の昔話



アリババと四十人の盗賊



アリババと四十人の盗賊

千夜一夜物語 → アラビアンナイトの詳細


♪音声配信


 むかしむかし、ぺルシアに、カシムとアリババという兄弟がいました。
 兄のカシムはたいそうお金持ちで、弟のアリババは貧乏(びんぼう)なきこりです。
 ある日、アリババがロバをつれて森へいくと、たくさんの馬の足音が聞こえてきました。
 見ると、馬に乗った男たちが近づいてきます。
(おそろしい顔をしている。きっと、悪いやつらにちがいない)
 アリババはロバをつれて、あわてて物かげにかくれました。
 そっと数えると、男たちは四十人います。
 やがて親分(おやぶん)が、岩のまえにたっていいました。
「ひらけ、ゴマ!」
 すると、大きな岩がスーとひらいたのです。
 男たちはほらあなの中に入ると、もっていた荷物をおいて、また出てきました。
「とじろ、ゴマ!」
 親分がさけぶと、岩はスーと、とじました。
 男たちは馬に乗ると、走りさっていきました。
「これはすごい、魔法(まほう)の呪文(じゅもん)で岩がうごくんだ」
 アリババは、さっそくまねをしてみました。
「ひらけ、ゴマ!」
 さっきと同じようにように、岩がスーとひらきました。
 ほらあなに入ったアリババは、目を見はりました。
「これはすごい! 宝の山だ! そうか、ここは盗賊(とうぞく)たちの宝のかくし場所なんだ」
 アリババは金貨(きんか)をロバにつむと、いそいで家に帰りました。


アリババとロバ


 その夜、アリババはカシムの家に、マスをかりにいきました。
(貧乏人が、何をはかるのだろう?)
 そう思ったカシムは、マスのすみっこに、こっそりとのりをぬっておきました。
 そしてアリババから返ってきたマスには、のりにくっついた金貨が一まいはりついていたのです。
 カシムは、すぐにアリババの家にいきました。
「おい、この金貨をどこで手に入れたんだ! 言わないと、役人にいいつけるぞ!」
 しかたなくアリババは、宝のありかを教えました。
(これはいいことを聞いた。よし、その宝をひとりじめにしてやろう)
 カシムはロバをひいて岩山へ出かけていくと、教えられたとおりに、
「ひらけ、ゴマ!」
と、いいました。
 スーとひらいた岩の中に入っていくと、そこには目がくらみそうなほどの宝が山づみにされています。
「そうだ、岩のとびらをとじてから、ゆっくりとふくろにつめこむとしよう」
 カシムが岩のまえで、
「とじろ、ゴマ!」
と、いうと、岩はスーととじました。
「よしよし、思うぞんぶん、宝をつめこむぞ」
 カシムは夢中で、宝をふくろにつめこみました。
 ところがたいヘんなことに、外に出ようと岩のまえに立ったのですが、出るためのおまじないをわすれてしまったのです。
「ひらけ、マメ。・・・ひらけ、ムギ。・・・ひらけ、トウモロコシ。・・・ひらけ、カボチャ」
 オロオロしているうちに、盗賊たちがもどってきてしまいました。
「こそドロめ、盗賊からドロボウするとはとんでもないやつだ!」
 カシムは、おこった盗賊たちに殺されてしまいました。


 よく似たお話しが、グリム童話にもあります。
→ ジメリのお山


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日 → えんぴつ記念日
きょうの誕生花 → ライラック
きょうの誕生日 → 1956年 秋元康 (作詞家)




きょうの日本昔話 → 雷さまとクワの木
きょうの世界昔話 → アリババと四十人の盗賊
きょうの日本民話 → 二羽のカモ
きょうのイソップ童話 → ライオンとイルカ
きょうの江戸小話 → 日本のすずめ


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。