So-net無料ブログ作成
検索選択

12月27日の世界の昔話 雪


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 12月の世界昔話


12月27日の世界の昔話



雪




中国の昔話 → 中国の国情報


 むかしむかし、冬がきて寒くなると、雪のかわりにお砂糖や小麦粉の降ってくる村がありました。
 その村では、初めの日に小麦粉が降ってくると、そのつぎの日は、お砂糖がたくさん降ってくるのです。
 お砂糖と小麦粉が、かわりばんこに空から降ってくる、そんな日が、十日も十五日も続くのです。
「やあ、今年も降ってきたぞ、白い粉が」
 小麦粉の白い粉が降りだすと、村の人たちは、おけや水がめや、そのほか、いろんな入れ物を持ち出して、せっせと粉を集めます。
 そしてそれを袋に入れて、大きな蔵に、いっぱい粉の入った袋をつめこみます。
「やあ、きょうは甘い砂糖だぞ」
 お砂糖も小麦粉と同じで、砂や土がまじらないように、きれいに集めておきます。
 こうして、一年分のお砂糖と小麦粉をたくわえてしまうと、村の人たちは、遊んで暮らせばいいのです。
「やあ、けっこう、けっこう。今年も働かなくていいわけだ」
「ほんとうにありがたいねえ。毎日寝ころがっていればいいんだから」
 この村の人たちは、ほかの村のように、畑をたがやして麦やマメをつくろうとしません。
 おなかがすいたら、おだんごや砂糖がしをつくって食ベればいいわけですから。
 ところが、前の年の小麦粉やお砂糖が、蔵にたくさん残っているうえに、今年の分が集まるものですから、入れる所がなくて、はみ出してしまいます。
 そうなると、村の人たちの心の中に、ありがたいという気持ちはすっかりなくなって、小麦粉やお砂糖をそまつにするようになりました。
 子どもたちまで、小麦粉をおだんごにして、石のように投げてみたり、池にお砂糖を流して遊んだりしました。
 やがて、今年も冬がやってきました。
 けれども、村の人たちは、空からの贈り物を待ってはいません。
 もうあり余るほど、前の年の分が残っていたからです。
 そのうちに、また白い粉が降ってきました。
 みるみるうちに、あたり一面まっ白につもりました。
 そのとき、外で遊んでいた子どもたちがさけびました。
「あれー! 砂糖じゃないぞー!」
「小麦粉でもないぞー!」
「冷たい、冷たい、冷たい!」
「口の中へ入れたら、とけてなくなるよー!」
 それをきいて、おとなたちも外へ飛び出してきました。
「ほんとうだ。冷たくて、口に入れるととけてしまうぞ!」
 空から降ってきた白い粉、それは、ふつうの雪だったのです。
 そしてそのつぎの年も、またつぎの年も、お砂糖や小麦粉は降ってきませんでした。
 やがて、たくわえてあったお砂糖や小麦粉もついになくなり、すっかりなまけ者になってしまった人たちは、たいへん困ったということです。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日ピーターパンの日
きょうの誕生花 → やつで
きょうの誕生日1950年 奈美悦子 (俳優)




きょうの日本昔話 → 三郎の初夢
きょうの世界昔話 →
きょうの日本民話 → 米問屋のお礼
きょうのイソップ童話ロバとニワトリとライオン
きょうの江戸小話 → おやのおん


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。