So-net無料ブログ作成
検索選択

12月21日の世界の昔話 ほらふき男爵 寒い冬の大グマ退治


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 12月の世界昔話


12月21日の世界の昔話



ほらふき男爵 寒い冬の大グマ退治



ほらふき男爵 寒い冬の大グマ退治
ビュルガーの童話 → ビュルガーの童話の詳細


 わがはいは、ミュンヒハウゼン男爵(だんしゃ)。
 みんなからは「ほらふき男爵」とよばれておる。
 以前、火打ち石二つで大グマを退治したはなしをしてやったが、大グマ退治のはなしには、こんなものもあるぞ。
 これも、さむい冬のポーランドの森の中でのこと。
 わがはいはかりに失敗して、大グマにおいかけられておった。
 そしてようやく、一本の木を見つけてよじのぼったのじゃ。
 だが、うんのわるい時はしかたのないもので、あわててのぼるひょうしに、大切な短刀をえだに引っかけておとしてしまった。
 大グマは、木の回りをグルグル回って、すこしもあきらめようとはせん。
 だが、鉄炮も短刀もなくては、さすがのわがはいもどうすることもできんかった。
 その時、わがはいは急におしっこがしたくなった。
 人間というものは、緊張(きんちょう)するとおしっこがしたくなるものじゃ。
 きみらも、運動会の本番前に、トイレに行きたくなった事があるじゃろう。
 わがはいは、大グマにおしっこをかけてやろうかと思ったが、そんなことをしても、大グマを怒らせるだけじゃ。
 それでわがはいは、ある名案を思いつき、おしっこを木の下におとした短刀めがけてふらせたのじゃ。
 すると、思った通りのことがおこった。
 おしっこはさむさのためにたちまちこおりつき、短刀までのびる、長いつららとなったのじゃ。
 ちときたないが、わがはいはおしっこのつららを引っ張り上げて、つららの先についている短刀を取り戻すことに成功した。
「よし、これでだいじょうぶ!」
 ホッとひとあん心した時、つぎのきけんがせまっていた。
 なんと大グマが木をよじ上って、わがはいのすぐ下まできていたのじゃ。
 だが、すでに短刀はわがはいの手の中。
 わがはいは大グマがおそいかかる前に、短刀で大グマののうてんをつらぬいてやったわい。
 こうして、わがはいは大グマをしとめたのじゃ。
 では、また次の機会に、別の話をしてやろうな。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日遠距離恋愛の日
きょうの誕生花 → プロテア
きょうの誕生日1979年 吉川ひなの (俳優)


きょうの新作昔話 → キツネのトラ退治
きょうの日本昔話 → かさ売りお花
きょうの世界昔話 → ほらふき男爵 寒い冬の大グマ退治
きょうの日本民話 → かほうは、ねてまて
きょうのイソップ童話 → キツネとワニ
きょうの江戸小話 → 雪女


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。