So-net無料ブログ作成
検索選択

12月12日の世界の昔話 ウシを手に入れるまで


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 12月の世界昔話


12月12日の世界の昔話



ウシを手に入れるまで



ウシを手に入れるまで
インドネシアの昔話 → インドネシアの国情報


 むかしむかし、セレベス島のある村に、ラ・ダナという若者がすんでいました。
 ある時、おそうしきがありました。
 この村では、おそうしきにきた人には、ウシの肉がくばられるならわしでした。
 頭をもらう人、かた方の足をもらう人、どう体をもらう人と、それぞれもらうところがちがいました。
 そこで、ラ・ダナは、ほかのところをもらうなかまにそうだんをもちかけ、いっしょに生きたウシで一頭もらうことにしました。
「このウシをかって、もっと太らせよう」
 ラ・ダナが言うと、なかまもさんせいしました。
 そして、ラ・ダナが、ウシをかうことになりました。
 ところが四、五日たつと、ラ・ダナがなかまのところへきて言いました。
「ぼくはウシの肉が食べたくなった。ウシをころそう」
「せっかくだから、もっと太らせてからにしようよ」
「いや、やっぱり自分の足をもらうことにするよ。きみたちは、かってにウシをかいな」
 ラ・ダナは、ウシのかた足を切ろうとしました。
「ま、まってくれ! それじゃウシが死んじゃう」
「そんなことはしらないさ。ぼくは、ぼくの分のかた足だけもらえばいいのさ」
「じゃ、きみにもう一本の後ろ足をやるから、今ころすのはやめよう」
「うーん、そんなに言うなら、もっと太らせてからにしようか」
 ラ・ダナは、自分のとり分が足二本になったのでよろこびました。
 ところが一週間たつと、ラ・ダナがやってきて言いました。
「やっぱり肉が食べたいから、ウシをころそう」
「しかたがない。前足をもう一本やるから、もっと太らせよう」
「いやだ。がまんできない」
「前足を二本ともやろう。どうだい?」
「それならいいよ」
 ラ・ダナは、とり分が足四本になったので、よろこんで帰りました。
 ところが一ヶ月たつと、またやってきました。
「そろそろウシをころそう。長いこと肉を食べていないから、もうがまんできない!」
「しかたがない。胴体もやるから、もう少しがまんしろよ」
「よし、それならもっと太らせよう」
 ラ・ダナは、頭だけ残して、ぜんぶもらうことになったので大喜びです。
 ところが一ヶ月たつと、またまたやってきて言いました。
「年とったお母さんが、ウシの肉を食べたいと言うんだ。今度こそウシをころそう」
 その時、なかまはみんないそがしいしごとで、気がイライラしていました。
「なんてうるさいやつだ。ウシはみんなきみにやるから、かってにしろ!」
 とうとう、ラ・ダナは、ウシを一頭、まるごと手に入れました。
 そのあと、ラ・ダナはウシを殺すどころか、そのままかって、まるまると太らせたのです。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日漢字の日
きょうの誕生花 → あおき
きょうの誕生日1960年 西村雅彦 (俳優)




きょうの日本昔話 → お花地蔵
きょうの世界昔話 → ウシを手に入れるまで
きょうの日本民話 → はだかにされたエンマ大王
きょうのイソップ童話野生のロバとかわれているロバ
きょうの江戸小話 → よっぱらい


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 1

楽輔

1日で15万くれるっていうから突貫したら、
人妻2人に前立腺開発されたぞwww
http://creAMpie2.net/dchap/



やみつきになったから明日もヤられてくる(・ω・)
by 楽輔 (2009-12-12 21:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。