So-net無料ブログ作成
検索選択

12月11日の世界の昔話 カンチール 森のかしら


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 12月の世界昔話


12月11日の世界の昔話



カンチール 森のかしら



カンチール 森のかしら
ジャータカ物語 → ジャータカ物語の詳細


 むかしむかし、ジャングルの中にゾウとトラがすんでいました。
 ある日、いっしょにあるいていますと、
「キーッ、キキーッ!」
と、さわがしい声が、あたまの上からきこえました。
 木のてっぺんで、メガネザルがさわいでいるのです。
「うるさいな、メガネザルは」
と、ゾウが大きな耳をパタパタさせながらいいました。
「あいつをひとつどなりつけて、木からおとしてやろうじゃあないか」
「きみに、そんなことができるの?」
と、トラがいうと、ゾウはムッとして、
「できるとも! よし、じゃあ、もしぼくの声であいつがおちたら、きみはぼくのけらいになるんだぞ。きみの声であいつがおちたら、ぼくはきみのけらいになるから」
「それはおもしろい。じゃあ、ゾウくんからさきにどなってみたまえ」
 さっそくゾウは、木のほうへむかって、
「パォーン! パォーン!」
と、さけんで、サルをおどかしました。
 ビックリしたサルは、ピョンピョンととびまわりましたが、おちてはきませんでした。
「おや、おかしいな? こんどはトラくんがやってみたまえ。もしあいつがおちたら、やくそくどおりぼくはきみのけらいになるよ。でも、ほんとうにおちないとだめだよ」
 ゾウはトラもだめだろうとおもいながら、そういいました。
 するとトラは、木の下でサルにむかつて、とびつくようなかっこうをしながら、
「ガオーッ! ガオーッ!」
と、すごい声でどなりました。
 こわくなったサルは、ブルブルふるえたはずみに、つかまっていたえだからストーンとトラのまえへおちてきました。
 トラは、ゾウのほうをふりむいて、
「さあこれで、きみがぼくのけらいになることにきまったね」
「・・・ああっ、そうだね」
 ゾウは、とんだかけをしたなと思いましたが、やくそくなので、もうどうすることもできません。
 しょげてうちへかえって、父親のゾウにはなしますと、
「それはこまったことになったなあ」
 父親のゾウは、フーーッと鼻で大きなためいきをついて、
「ゾウがトラのけらいになったら、トラはいばって森じゅうのものたちのかしらになる。トラはらんぼうものだから、よわいものたちをいじめてみんなをこまらせるだろう」
と、しんぱいしていました。
 すると、近所にすんでいるカンチールという小さなシカが、うわさをきいてやってきました。
「ゾウさん、きみがトラのけらいになって、トラが森じゅうのかしらになったら、みんながこまるだろうなあ。これはなんとかしなくちゃあ」
「カンチールさん、なにかよいちえをだしておくれよ」
「よし、しょうちした。じゃあ、すぐにシュロ(→ヤシ科シュロ属の常緑高木の総称)の木のミツをさがしてもってきてごらん」
 ゾウはとびだしていって、どこからかシュロのミツのはいったツボをもってきました。
「それをみんな、きみのからだへぬりなさい。よこっぱらや足からは、ポタポタとたれるくらいにね」
 ゾウがいわれたとおりにしますと、カンチールは、
「さあ、きみはぼくをのせてあるいていきなさい。ぼくが背中のミツをなめたら、きみはわざといたくてたまらないように、大きな声でないたり、バタバタとくるしそうなかっこうをするんだよ」
と、いうと、カンチールはゾウにのってでかけました。
 するとむこうから、トラがきました。
 カンチールがゾウの背中をなめますと、ゾウは大きな声でないたり、さわいだりしました。
 カンチールは、
「こんなゾウくらいじゃあ、ものたりないや。大きなふとったトラなら、はらもふくれるだろうが」
と、いいました。
 トラはそれをきいてビックリです。
(あんなやつにつかまったら、たいへんだ!)
と、いそいでにげだしました。
 そのとちゅうで、クロザルにであいました。
「トラさん、そんなにあわてて、どこへいこうとしているのですか?」
「うん、いま、こわいやつにであったんだ。そいつは大きなゾウをつかまえてたべようとしていた。そればかりか、そいつはぼくもたべたがっていたんだ」
 トラがそういいますと、クロザルはニヤニヤわらいながらいいました。
「なんだ。それはきっと、マメシカのカンチールですよ」
「いや、シカだったら、ぼくのからだをのみこめるはずなんてないだろう」
「じゃあ、いっしょにいってみましょう」
と、二匹はゾウをさがしにいきました。
 すると、ゾウの背中からカンチールが、
「おや? クロザルくん。きみはこのあいだ、ぼくによいたべものを二匹つれてきてくれるとやくそくしていたのに、一匹だけとはおそまつだね」
と、いいました。
 それをきくとトラは、
(やっぱり、たいへんなやつだった。クロザルはぼくをだまして、あいつにくわせようとしたのだ)
 そうおもうとますますこわくなり、あわててどこかへにげていってしまいました。
 そんなわけで、トラは森のかしらになることができなくなり、おかげでみんなは、あんしんしてくらすことができたのです。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日百円玉の日
きょうの誕生花 → ストレリチア
きょうの誕生日1948年 谷村新司 (ミュージシャン)


きょうの新作昔話 → 金のカラス
きょうの日本昔話 → ウサギと太郎
きょうの世界昔話 → カンチール 森のかしら
きょうの日本民話 → カッパの贈りもの
きょうのイソップ童話月の女神と母親
きょうの江戸小話 → ころぶ


hukumusume.com サイト一覧



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。